東京電力福島第一原発で続く「汚染水の浄化処理」とは?

 東京電力福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)では事故後、高濃度の放射性物質を含んだ汚染水が毎日発生し、浄化処理設備で大部分の放射性物質を取り除く作業が続いている。東電と政府は2023年春以降、大量に保管している浄化処理後の「処理水」を海に放出処分する計画を進めている。だが、漁業や水産業関係者は風評被害を懸念し放出に反対の立場。東電と政府が強調する「安全性」を支える浄化処理はどのように進んでいるのか、そして問題点はないのかを整理した。(小野沢健太)

関連記事