描けぬ福島第一原発の「汚染水ゼロ」

 東京電力福島第一原発では、事故から10年たっても、汚染水が毎日発生し続けている。政府や東電は2年後をめどに、構内のタンクにたまり続ける多核種除去設備(ALPS)で浄化処理した水を海洋放出する方針。しかし、そもそも汚染水の発生を止めない限り、問題の解決にはならない。東電は発生源となる地下水と雨水への対策を施すが、「汚染水ゼロ」への道筋は描けていない。(小野沢健太)

関連記事