関電美浜原発3号機が再稼働 新基準下の運転開始40年超老朽原発では初めて

 関西電力は23日午前10時ごろ、美浜原発3号機(福井県美浜町)の原子炉を起動し、再稼働させた。2011年5月に定期検査で停止して以来、運転は10年1カ月ぶり。新規制基準に適合した原発の再稼働は、6原発10基目で、運転開始から40年を超えた原発としては国内で初めてとなる。東京電力福島第一原発事故後、原発の運転期間は原則40年と定められたが、「例外中の例外」とされた延長運転に入った。(今井智文)

美浜原発の中央制御室で、3号機の起動操作を行う運転員の中継映像のモニター画面=6月23日午前10時、美浜町の関電原子力事業本部で(山田陽撮影)

 関電によると、23日午前10時に中央制御室で運転員が新たに導入したデジタル式制御盤のタッチパネルを操作し、原子炉の制御棒の引き抜きを開始した。24日未明に核分裂反応が安定的に続く「臨界」に達し、29日には発送電を再開する。営業運転は7月27日からの予定。
 関電の森本孝社長は「トラブルの未然防止のための総点検を実施するなど、より慎重に作業を進めている」とコメントを発表した。

テロ対策施設の完成遅れで10月23日に停止

 ただ、美浜3号機は設置が義務付けられているテロ対策の特定重大事故等対処施設(特重施設)の完成が期限の10月25日に間に合わず、10月23日に停止する予定。わずか4カ月の短期運転となる。関電は特重施設の完成時期を未定としている。
 福井県内には関電の原発が集中立地しており、3原発5基が再稼働。運転期間40年を超え、延長運転が原子力規制委員会に認められている高浜原発1、2号機(福井県高浜町)についても、地元自治体が再稼働に同意している。

再稼働した関西電力美浜原発3号機。左奥から1、2号機=23日、福井県美浜町で、本社ヘリ「まなづる」から(星野大輔撮影)

関西電力美浜原発3号機

1976(昭和51)年12月に営業運転を開始した。2004年8月にタービン建屋で配管破裂による蒸気噴出事故が発生し、作業員11人が死傷した。東京電力福島第一原発とは異なる加圧水型軽水炉で出力は82万6000キロワット。1号機は関西電力初の原発で1970年から運転を始め、2号機とともに2015年3月に廃炉が決まった。

関連記事