ふくしまの10年 見えない放射能を描く ⑩(最終回)リスクだけが残される

太陽の光さえ奪われて

 イラストレーターの鈴木邦弘さん(46)はことし3月5日、本連載5回目の作品「ゲートにて」と同じ双葉町との境に近い浪江町酒井地区を再び歩いた。大規模な太陽光発電所(メガソーラー)が建設されることは知っていたが、完成した施設を間近で見ると、その広大さに圧倒された。
 歩いても歩いても道の両側は太陽光パネル。集落の墓地もあるが、その周りもパネルが囲っていた。
 この地区は飛び地のように残る帰還困難区域。建設地は農地だったが、大手リース会社の子会社が発電所を建設。浪江町の復興計画に基づく事業として、2月に商業運転を開始した。一般家庭約1万6700世帯分に相当する電力を生む計画だ。全量を東京電力の送配電会社に売電する。
 確かに、出入りもままならない状況では営農再開は厳しい。土地を貸せば農家に賃借料が入り、再生可能エネルギーへの貢献にもつながる―。
 もちろん鈴木さんもそうした状況は重々承知している。しかし、農地を覆い尽くす太陽光パネルは、かなり違う存在に映るのだという。
 「事故前は、首都圏が原発のリスクを福島に押しつけて電気を搾取。事故後は放射能汚染で住む場所を奪い、土地と太陽の光までも搾取する。事故の前も後もシステムは変わっていないのではないか」 =おわり (山川剛史が担当しました)


ご意見・ご感想は

メールで、fukushima10@tokyo-np.co.jp へお寄せください。

関連記事