<新型コロナ>原発防護服10万枚を医療機関に提供へ 電力各社

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大手電力会社でつくる電気事業連合会(東京)は4月27日、各電力が原発で備蓄している防護服約10万枚を、全国の医療機関などに提供する準備を進めていると明らかにした。経済産業省の要請を受けた対応で、提供方法などを検討している。
 各原発には事故などに備え、放射性物質の付着を防ぐ防護服を備蓄している。最低限必要な分を確保した上で、提供可能な数を各電力が精査しているという。
 北陸電力は27日、運転停止中の志賀原発(石川県)の防護服を富山、石川、福井各県に寄贈すると発表しあ。富山、石川両県には各3000着を、福井県には関西電力と1500着ずつを出し合う。(共同)

関連記事