処理水海洋放出ならトリチウム500倍希釈 福島第一、東電が素案

 東京電力は3月24日、福島第一原発で発生する汚染水を浄化処理した後の水について、海や大気への放出が決まった場合の処分方法の素案を公表した。海洋放出では、浄化処理しても除去できない放射性物質トリチウムの濃度を、国の排出基準の40分の1程度の濃度に海水で大幅に薄めてから処分するとしている。(渡辺聖子)
 素案によると、海洋放出では、トリチウムの濃度の基準を1リットル当たり1500ベクレル未満に設定。福島第一でくみ上げている地下水を海に放出する際と同じレベル。浄化処理後の水を海水で500~600倍に希釈し、構内の港湾から放出する。
 大気への放出は、ボイラーで加熱・蒸発処理し、基準を満たすように空気で薄めるとした。
 処分期間は、30年程度かかる可能性を示した。

20年度後半に再浄化の効果試験

 浄化処理後の水の7割には、トリチウム以外にも国の基準を超える濃度の放射性物質が含まれており、放出前に再浄化する方針。2020年度後半に既存の浄化設備で2000トンを処理し、基準を下回るか調べる。
 浄化処理後の水の処分を巡っては、政府の小委員会が2月、海洋と大気の二つの放出が現実的だと提言。これを受け、処分方法を決める政府は、4月から福島県内で自治体や業界団体の意見を聴く会合を開く。
 東電は20年末までに137万トン分のタンクを造る計画で、その後の大幅な増設予定はない。22年夏ごろには、タンクが満杯となる見通しを示している。

タンク約1000基が立ち並ぶ福島第一原発=福島県大熊町で(本社ヘリ「おおづる」から)

トリチウムとは?

放射能を帯びた水素で、酸素と結合してトリチウム水になる。普通の水と分離するのは難しく、汚染水を浄化している多核種除去設備でも取り除けない。放射線(ベータ線)は比較的弱く、人体に入っても大部分は排出される。放射能は12.3年で半減

関連記事