魚の出荷制限初めてゼロに 福島県沖

 国の原子力災害対策本部は2月25日、東京電力福島第一原発事故に伴う福島県沖のコモンカスベの出荷制限を解除した。東日本大震災から9年がたち、出荷制限の魚種がゼロとなるのは初めて。全ての魚種の出荷が可能になり、復興へ弾みとなる。
 コモンカスベはエイの一種。2016年にいったん制限が解かれたが昨年1月、食品衛生法に定める基準値(1キログラム当たりの放射性セシウム100ベクレル以下)を超えたため、再び制限された。昨年2月からの約1年間で採取した約1000検体全てで、基準値を下回った。
 福島県沖では原発事故後の12年以降、魚種や海域を絞った試験操業を開始。出荷制限の対象は最大44魚種に上ったが、基準値を下回った魚種は順次、解除されてきた。
 福島県漁業協同組合連合会は今後、コモンカスベを試験操業の対象に加える。同連合会は第一原発から半径10キロ圏内の海域の操業を自粛、操業日も限定している。その上で、厳しい独自基準(同50ベクレル以下)を満たしたものだけを出荷している。(共同)

小名浜漁港での競りの様子=福島県いわき市で(2019年2月27日撮影)

関連記事