もんじゅの消費電力 年2万4000世帯分 停止中でもナトリウム加熱に必要

 夏に向けて電力が足りなくなると心配される中で、発電もしないのに、膨大な電力を消費しているだけの施設がある。日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)。浪費する電力は年間八千五百五十万キロワット時と、ざっと二万四千世帯分の電力をまかなえる量だ。(大平樹)
 もんじゅは、原子炉で出た熱を液体ナトリウムで受け渡し、蒸気をつくる。ナトリウムは水より熱伝導性がいいが、冷めると固まってしまう。そのため、作動していないときでも、ヒーターで二○○度まで熱して循環させる必要がある。
 抱えるナトリウムは計千六百七十トンで、普通の小学校のプールおよそ三つ分。これを回し続けるだけのために電力を食う。
 電力の供給元は北陸電力。同管内では電力需給はそれほど厳しくないが、需給の厳しい関西電力に電力を融通している。関電の見通しでは、今夏のピーク時の電力不足は毎時百五十三万~五百七十万キロワットにもなるという。
 もんじゅが電力を使わなくなれば、もっと融通できる。ただ、関電の不足分が大きすぎ、全てのヒーターを止めて融通に回しても不足分の0・2~0・7%をカバーできるだけとの計算結果になった。
 もんじゅは一九九五年にナトリウム漏れ事故を起こして停止した。二〇一〇年五月に運転再開したのもつかの間、八月には核燃料の交換装置が故障して、再び足踏みしている。
 もんじゅは国策として進められてきた核燃料サイクルの中核的存在だが、大量の電力浪費が許されるのかどうか。国は今夏にも存廃を判断するとみられるが、これ以上の先送りは許されない。

関連記事