4原発が集中立地 福井・若狭湾沿岸部の今

 福井県の若狭湾沿岸部は、関西電力と日本原子力発電の計4原発のほか高速増殖原型炉もんじゅもあり、「原発銀座」と呼ばれている。関電の3原発を巡っては、福井県知事が使用済み核燃料の県外搬出を要求。関電は年内に候補地を示すと約束したが、場所選びは難航している。使用済み核燃料は原発建屋内のプールで保管しており、満杯になれば原発は運転できない。(小川慎一)

関連記事