福島第一原発 浄化不十分だった汚染水

 東京電力福島第一原発の高濃度汚染水を浄化処理した水の一部に、法令の排出基準を超える濃度の放射性物質が残っていることが判明した。これまで、水と分離が難しいトリチウム以外は多核種除去設備(ALPS)で基準以下まで取り除けるとされていた。処理済み水の保管タンクの置き場は限界に近づき、政府と東電は海洋放出を軸に処分方法を検討してきたが、経済産業省の有識者会議が開いた公聴会では「前提がくつがえった」と批判が噴出。東電は再浄化する方針を表明したものの、処分方法をめぐる議論は長期化しそうだ。 (宮尾幹成)

関連記事