福島・楢葉町の今 ~町民の居住率が5割を超える~

 東京電力福島第一原発事故による避難指示が解除されて3年が過ぎた福島県楢葉町で、10月1日時点の住民登録者のうち町に住んでいる人の割合(居住率)が5割を超えた。全住民が避難した自治体としては初めて。放射線量は隣接の富岡町と比べると低く、山側を除き除染目標の毎時0.23マイクロシーベルトを下回っている。小中学校の再開やスーパーなども開業し、暮らしを支える環境が整ってきた。 (小川慎一)

関連記事