防潮堤の新設を検討

 東京電力は、福島第一原発の津波対策のため、新たな防潮堤の設置を検討している。公表資料によると、1~4号機建屋の東側に長さ600メートルの防潮堤を造り、一部の地盤のかさ上げもするという。
 北海道太平洋側の千島海溝沿いで巨大地震の切迫性が高いとされる。東電は、津波は高さ10メートルを超え、原子炉建屋の敷地が最大1.8メートル浸水する可能性があると想定。津波の引き波で、原子炉建屋地下にたまる汚染水が流出する恐れがある。
 4号機南側には、岩を金網に詰めて積み上げた長さ400メートルの仮設の防潮堤を設置済み。港湾に「ハ」の字に突き出たコンクリートの防潮堤は震災の津波で壊れ、消波ブロックでの補強にとどまっている。

関連記事