炉内はどこまで分かったか 福島第一原発2号機

 1月に実施された東京電力福島第一原発2号機の原子炉内調査で、映像を詳しく分析した結果、格納容器の底に、溶け落ちた核燃料(デブリ)らしき物体が高く堆積している地点が2カ所見つかった。降り注ぐ冷却水の量にも偏りがあることから、その真上に圧力容器の穴がある可能性が出てきた。
 東電は本年度中に再び炉内に調査装置を入れ、堆積物の硬さなどを調べる。少しずつデブリの状況が見えてきたが、まだまだ調べるべきことは多い。(山川剛史)

IRID提供の映像を基に、本紙で説明をつけました

関連記事