東電が建設再開目指す東通原発周辺は今

 東京電力は、東日本大震災で中断した東通(ひがしどおり)原発(青森県東通村)の建設再開に向け、2018年度後半から地質調査を始める。国が認めた東電の経営再建計画では、他の大手電力会社との共同事業化の方針が示され、東北、中部、関西の各電力と日本原子力発電の参加が取りざたされるが、各社とも福島第一原発事故の賠償や廃炉を抱える東電への協力には難色を示す。周辺地域の今を報告する。 (宮尾幹成)

関連記事