7原発12基で換気ダクトに腐食・穴

 原子力規制委員会は23三日、全国の原発で運転の司令塔である中央制御室の空調換気ダクトを調査した結果、7原発12基で腐食や穴が見つかったと公表した。この中には新規制基準に適合した東京電力柏崎刈羽6、7号機(新潟県)が含まれており、7号機のダクトには直径数ミリの穴が4カ所あったため、性能に異常がないかを調べる。

規制委委員長は柏崎刈羽に是正要求 

 ダクトに穴が開いていると、事故時に放射性物質が中央制御室に入り込み、運転員が被ばくする恐れがある。柏崎刈羽では3号機に最大で縦13センチ、横5センチの亀裂があった。規制委の更田豊志(ふけたとよし)委員長はこの日の定例会見で「腐食の程度や穴が大きい」と指摘し、東電に速やかな是正を求めた。
 他に腐食などが確認された9基は性能上の問題はなく、補修済みという。
 今回の12基はいずれも事故を起こした福島第一と同じ沸騰水型。規制委によると、同型は、鉄や亜鉛メッキ鋼製のダクトの外気取り込み口に水分や塩分を除去するフィルターがないものが多かった。海に面して立地しているため、腐食につながったとみられる。
 電力各社はダクトの外観や性能を定期的に点検してきた。だが、今回のようにダクトを覆う保温材を外しての点検はせず、腐食を十分に把握できていなかったため、点検方法や時期の見直しを進めている。
 ダクト調査は、島根2号機で2016年12月に巨大な腐食穴が見つかったことを受け、規制委が17年1月に各社に指示した。

東京電力柏崎刈羽原発3号機の中央制御室空調換気系ダクトに見つかった腐食(規制委提供)

関連記事