作業員に緊急用のスマホを配布

 東京電力福島第一原発では、全作業員に地震や津波など緊急時の連絡手段としてスマートフォンを配備した。構内では1日5000人が働く。構内放送もあるが、環境によっては聞き取りにくい。私用のスマホや携帯電話の持ち込みを禁じているため、専用のスマホで連絡できるようにした。
 配備したスマホは通話はできるが、カメラは使えない。重要施設を撮影してテロなどに悪用されるのを防ぐため。作業前に持ち物などを検査する入退域管理施設で、線量計と一緒に貸し出す。
 避難指示が出た場合、東電の担当者が作業員のいる位置をスマホの衛星利用測位システム(GPS)で把握し、逃げ遅れがないかを確認する。

※画像をクリックすると拡大できます。

関連記事