変圧器トラブルで汚染水処理が一時停止

 東京電力福島第一原発では7日、原子炉建屋地下などにたまる高濃度汚染水から放射性セシウムなどを取り除く除染装置の1台が停止した。変圧器のトラブルが原因。8日夜に復旧するまで、汚染水の処理が約?時間できない状態となった。もう1台の装置は、点検中で使えなかった。
 汚染水は、除染装置でセシウムを除去しストロンチウム濃度も下げた後、別の除染装置(ALPS、アルプス)でほぼトリチウムだけになるまで処理する。
 また、東電は3号機の原子炉建屋内を小型無人機ドローンで調査すると発表した。内部の放射線量やがれきの位置を把握し、中に入る作業員の被ばく線量をできるだけ低くするための計画づくりに役立てる。

※画像をクリックすると拡大できます

関連記事