核ごみの最終処分を担うNUMOとはどんな組織?

 原発から出た「核のごみ」の最終処分(地層処分)を担う原子力発電環境整備機構(NUMO、ニューモ)が近く、住民向け説明会を再開する。昨年に発覚した謝礼を約束しての学生動員問題を受け、自粛していた。NUMOの活動資金は、もとをただせば国民が支払う電気料金。どういう団体なのか紹介する。(宮尾幹成)

※画像をクリックすると拡大できます

関連記事