常磐線は今(最終回・浪江~原ノ町編)

 JR常磐線シリーズの3回目は、放射能汚染が比較的少なかった浪江~原ノ町間の様子を紹介する。昨年7月に小高~原ノ町間の運行が再開されたのに続き、今年4月には浪江~小高間も再開された。(山川剛史、小川慎一)

浪江~原ノ町間は、2両編成の列車が駆け抜ける
津波に伴う除塩作業が終わっても営農再開は多くない。生い茂った雑草を刈る作業が行われていた
磐城太田駅近くでは、黒い土のうの山が続いていた

関連記事