ずさん管理が次々と判明 日本原燃の核燃料関連施設

 青森県六ケ所村にある日本原燃の核燃料関連施設で、ずさんな管理の実態が明らかになった。建設中の使用済み核燃料の再処理工場は、原子力規制委員会の新規制基準に基づく審査が中断。完成時期は24回目の延期が確実となった。新基準「適合」とされたウラン濃縮工場は、ダクトの腐食や大量の点検漏れが判明し、生産停止に追い込まれた。(小川慎一)

 ※画像をクリックすると拡大できます

関連記事