ヘリから見た福島第一

 息の長い事故収束作業が求められる福島第一原発。ヘリからの最新映像をお届けします。

全景(南東から)
2017年8月28日、本社ヘリ「おおづる」から撮影
北西から。手前から1、2、3、4号機
1号機。建屋上部には膨大な量のがれきが積もっている。クレーンでロボットアームを吊り下げ、防風フェンスの設置準備中
2号機。建屋最上階(オペフロ)の調査に向け、建屋前に大きな前室が設置されている
3号機。使用済み核燃料を取り出す装置を設置する準備が進む。丸いものはプールや装置を覆うカバーで、順次設置されている
物揚げ場に到着した3号機のカバー(半円形のもの)
福島第一”名物”のタンク群。耐久性の劣るボルト締め型タンクは解体され、溶接型への置き換えが進む

関連記事