2号機の核燃料はいま

カメラ付きパイプ挿入で炉内を再調査へ プールはいまだ手付かず

 東京電力福島第一原発2号機では今年1月、先端にカメラを取り付けた長いパイプを格納容器内に入れ、炉心直下の撮影に初めて成功した。続くロボット調査は失敗したが、東電は実績のあるカメラ付きパイプによる再調査を本年度中に計画。溶け落ちた核燃料(デブリ)や圧力容器の状況を確認しようと計画中だ。
 1月の調査では、圧力容器下にある鉄製の足場に溶けたような穴などが見つかった。その後、映像を処理したところ、足場が広範囲に脱落していることが分かった。落ちてきたデブリの熱による可能性が高い。ただ、パイプが格納容器の中心部まで届かず、圧力容器底部やデブリそのものは見られなかった。
 パイプを太くし、2、3㍍長くすることを検討しているが、格納容器の開口部は極力小さくして漏出リスクを減らす必要がある。難しい対応が求められる。
 一方、使用済み核燃料の取り出し準備は、ほとんど手付かず。建屋は壊れていないが、事故発生当初に汚染蒸気が建屋内に充満し、プールのある階は放射線量が非常に高い。除染なども必要で、東電は進め方を検討している。 (荒井六貴)

関連記事