福島第一1号機 原子炉上部の500トン超のふたがズレ落ちていた 隙間ができ放射線遮る性能が大幅低下

 東京電力福島第一原発1号機の原子炉上部を覆っていた重さ500トン超のコンクリート製のふた(ウェルシールドなどと呼ばれる)がずれ落ちていたことが、東電の調査で分かった。事故発生当初に起きた原子炉建屋の水素爆発が原因とみられる。
 円を3分割した形のふたは、厚さが0.6メートルあるコンクリート製で、一つのパーツだけで55~63トンある。3枚を組み合わせて直径12メートル前後の円形とし、3段重ねにする。総重量は511トン。放射線を外部に漏らさないための巨大な遮へい板だ。
 しかし昨年11月~今年3月、調査装置を大型クレーンでつるし、建屋上部のがれきの隙間から撮影したところ、一番下のふたはずれ落ち、真ん中と上のふたは浮き上がっていた。
 ふたに大きな隙間ができ放射線を遮る性能が大幅低下した。ふたの隙間から毎時400~460ミリシーベルトの放射線が外部に出ていることが判明した。放射性物質そのものは、格納容器が抑制しており、環境への影響は限定的だという。
 ただ、東電はふたのすぐ脇にあるプールから、使用済み核燃料を2020年度中に取り出し始める予定。取り出しに使うクレーンの整備などで、現場に作業員が近づく必要もあり、できるだけ線量を下げておく必要がある。ずれ落ちたふたをどうするのかはまだ決まっていない。 (小川慎一)




カメラ調査をまとめた東電資料

 今回の記事は、3月30日の中長期ロードマップで示された「福島第一原発1号機オペレーティングフロア調査結果」(中間)という資料を基に取材を進めました。
 同じく水素爆発のあった3号機のコンクリートのふたも爆風でたわんだことから、1号機のふたも無事ではないだろうとは見ておりましたが、9つのパーツのいずれもが元の状態でなかったのは驚きでした。
 東電の資料をご覧になりたい方は、PDFファイルの4枚目以降をご覧ください。
こちら

本紙が参考にした東電の資料

関連記事