排気筒の破断問題 国会で質疑 なぜ東電はいつまでもリスク評価を出さないのか?

 福島第一1、2号機の排気筒に破断が目立つ問題が、12日の参院資源エネルギー調査会で取り上げられました。山本太郎議員は、原子力規制委員会から排気筒が倒壊した場合のリスク評価を出すよう少なくとも4回指示されたにもかかわらず、いまだ報告しない東電の姿勢や、それを許した形になっている規制委の対応をただしました。
 YouTubeにyzjipさんが質疑の様子をアップしておられたので、当サイトでも共有させていただきます。
 質疑は約21分。主な見どころは--

 6分前後 本紙の新たな破断報道(ツイッター含む)
 7分前後 東電はなぜ排気筒倒壊のリスク評価を出さないのか
 14分前後 なぜ破断は見落とされたのか
 17分前後 東電のリスク管理能力

4/12参院・資源エネルギーに関する調査会での山本太郎氏の質問
質疑の様子(yzjpsさんがアップ)

関連記事