【速報】広島地裁 伊方3号機の運転継続を容認

 広島地裁は30日、四国電力伊方原発3号機(愛媛県)の運転継続を容認する決定を出しました。
 決定要旨をまとめますと、
 ・想定する地震動・津波の策定について、新基準の定めは不合理とはいえない
 ・火山の破局的噴火の可能性が相応の根拠をもって示されたとはいえない
 ・その他の論点も含め、原子力規制委の判断に不合理な点はない
 新基準も規制委の審査も問題はなく、伊方3号機の運転により「人格権が侵害されるおそれがあるとはいえない」との内容です。

 ただ、伊方3号機をめぐる仮処分は、地元の松山地裁のほか、大分地裁と山口地裁岩国支部でも申し立てられています。

 地裁決定の要旨と全文は脱原発弁護団のホームページにあります。
こちら

関連記事