事故発生から6年 福島第一原発 減らぬ汚染水 険しい廃炉

 東京電力福島第一原発では、2号機で溶け落ちた核燃料(デブリ)の調査が一歩進んだものの詳細は不明だ。事故発生から六年たっても、日々大量に発生する汚染水に足を取られ、苦しい闘いが続く。「廃炉まで三、四十年」はあくまで目標。道筋は見えない。

「ようやく登山口」と東電の廃炉責任者

 「ようやく登山口に立ったぐらい。山の高さも分からない」
 東電福島第一廃炉推進カンパニーの増田尚宏・最高責任者は、廃炉の道筋を山登りにたとえ、現在の立ち位置を説明した。
 2号機では一月、格納容器内に、長いパイプの先に取り付けたカメラを入れ、熱で溶けたような鉄製の足場の様子が撮影された。二月には、毎時六五〇シーベルトとかつてない高さの放射線量も計測。デブリ調査が進展する期待感が高まった。
 しかし、続く本格調査に投入されたロボットはほとんど機能せず、今後の計画づくりにつながる情報は得られなかった。
 一方、汚染水の悩みは消えず、建屋地下とタンクにある水の量は百万㌧を突破している。東京ドームの容量(百二十四万立方㍍)に匹敵する。
 汚染水を増やす原因である地下水が建屋に流れ込まないよう、対策は講じられてきた。多額の税金を投入した凍土遮水壁も、効果は確認できない。
 今後も汚染水対策に追われながら、デブリの取り出しを模索することになる。

メルトダウンした核燃料は解明できた?

危ういボルト締め型タンクも延命
敷地内にたまる水量は100万トンを突破
凍土遮水壁造っても止まらぬ地下水流入
外洋への汚染は低下。されど影響は残る
2015年までの工程
16年以降の工程。先はまだ見えない

関連記事