福島第一廃炉工程表改定 核燃料搬出2年半遅れ 3号機、除染難航

 政府は十二日、東京電力福島第一原発の廃炉に向けた中長期ロードマップ(工程表)を改定し、本年度中に始めるはずだった3号機原子炉建屋プールからの使用済み核燃料の取り出しを少なくとも二年半遅らせる方針を決めた。除染しても、プールがある階の放射線量が下がらず、崩落した壁の上に遮蔽(しゃへい)板を設置するなどの難工事が避けられなくなったためだ。

除染しても2割しか汚染減らない場所も

 水素爆発で建屋が大破した3号機は、深刻な汚染が広範囲に残る。核燃料を取り出す装置の設置後も、作業員による点検や修理は欠かせない。周辺の線量を下げておく必要がある。
 東電は粉じんを除去し、床のコンクリートも削ることで汚染は百分の一まで減らせると期待していたが、放射性物質は予想以上に床に深く染み込み、二割しか減らない場所もあった。
 汚染度が高いのは、壁が崩落した建屋北側。現状のまま重い遮蔽板を置けば崩れる可能性があり、東電は何カ月も対応を検討してきた。建屋の外側に骨組みを新設し、遮蔽板の重みを受け止める工法で乗り切る見通しが立ったという。ただし、骨組みの設置場所は狭く難工事となる。実際に取り出しを始められるのは二〇一七年度後半の見通しだ。
 一七年度後半からの取り出し開始が予定されていた1号機でも、三年はずれ込むことになった。先行した3号機のがれき撤去が予定通りに進まなかった経験を踏まえた。2号機の時期もずれ込んだが、具体的な計画そのものがまだ決まっていない。(小倉貞俊)

(解説)工程表 根拠乏しい「期待値」

 政府や東京電力が、工程表に書かれた福島第一原発1~3号機から使用済み核燃料を取り出す時期を大幅に遅らせた。厳しい現実を踏まえた当然の判断で、現場にかかるプレッシャーを考えればむしろ遅きに失した感さえある。
 もともと政府・東電の工程表は、なぜこの時期までにこの作業が終わると言えるのか根拠が乏しく、工程に合わせて現場が帳尻を合わせる側面が多かった。
 3号機からの取り出しについても、東電は昨年十一月、プールの周辺を除染してもなかなか放射線量が下がらない実情をデータで示していた。除染前、東電幹部は「やってみないと分からない」と言っていたが、その通りの結果になった。
 その後、本紙ヘリで三回上空を飛んだが、プール周辺は何も変化が見て取れない。ごそっと崩れた北側の壁はそのままで、追加的な対策が難航していることは明らかだった。
 昨年末、千五百体超もの核燃料があった4号機からの取り出しは完了。大きな成果だが、現場の線量は低かった。炉心が溶融した1~3号機は線量も高く、難易度はぐんと高まる。
 工程表には、溶け落ちた核燃料の取り出し時期も書かれてはいるものの、核燃料の状態や格納容器の損傷部分などはほとんどつかめていない。「これくらいの時期に実現できればいい」との期待値にすぎない。廃炉作業はこれからが正念場となる。(山川剛史)

関連記事