2015年 東日本大震災4年 危険潜む原発列島

 東京電力福島第一原発事故は発生から4年がたち、現場では廃炉に向けたさまざまな努力が続けられているものの、いまだ汚染水問題への対応に追われ、ゴールは見えてこない。故郷を追われたまま、不自由な避難生活を強いられる福島県民はいまだ12万人を数える。にもかかわらず、原発再稼動への動きは強まっている。(原発取材班)

関連記事