美浜「適合」 原発活用路線 強まる 「原則40年」 例外 三たび

 老朽原発の関西電力美浜原発3号機(福井県)も「例外」を活用して運転期間を延長、激しい反対によって消えたと思われていた中国電力上関(かみのせき)原発(山口県)の新設計画が生き残り-。安倍政権が原発推進路線を打ち出していることに呼応したかのように三日、原発推進色の強い動きが相次いだ。いずれも東京電力福島第一原発事故を機に、淘汰(とうた)されたはずの動き。事故の苦い教訓が薄れつつある。

古くなれば、確実に劣化する

 この日、原子力規制委員会は、十一月末で運転開始から四十年となる関西電力美浜原発3号機が新規制基準に適合していると判断した。原発の運転期間は原則四十年に制限すると法律で決めたにもかかわらず、早くも三基目の「例外」が認められた。
 確かに新基準が導入されて以降、五原発六基の廃炉が決まったが、いずれも小型かつ旧型で、対策工事費に見合う利益が出ないと判断された原発ばかり。今後、四十年を迎えるものは出力も大きいため、残そうとする電力会社が相次ぐのは必至だ。
 四十年廃炉の原則は、いくつもの理由があったからこそ導入された。
 原子炉が長期間強い放射線にさらされると、圧力容器はもろくなり、緊急停止による急な温度変化に耐えられなくなる。古い原発では耐火性の低いケーブルが使われていることが多く、建屋も経年劣化の恐れがある。
 「古い部品さえ取り換えれば、原発はピカピカ」。かつては、それが原子力の世界の通説だった。だが、東京電力福島第一原発では、間もなく運転開始から四十年になろうとしていた1号機が、被災からわずか二十四時間後に水素爆発。現場が苦労して築いた仮設の注水ラインを吹き飛ばし、収束を一層困難にした。古さとリスクは決して別物でないことを証明した。
 「福島第一のように、格納容器は小さくない」「炉は旧式ではない」。例外とされた関西電力高浜1、2号機、美浜3号機(いずれも福井県)を巡っては反論があるだろう。
 しかし、古くなれば、劣化は確実に進む。海という厳しい環境にさらされている日本の原発の場合はなおさらだ。 (山川剛史)

関連記事