ごみを「つくる」政策は破綻したが… 矛盾抱える核のごみ最終処分場

 原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定を巡り、北海道寿都町(すっつちょう)と神恵内村(かもえないむら)が、受け入れに向けた第1段階の文献調査に入ることになった。核のごみのガラス固化体を地中深く埋める処分方法(地層処分)は、地殻変動の激しい日本に適しているのか、前提となる核燃料サイクルに実現性はあるのか。道のりは険しい。(小野沢健太)

関連記事