空から見た福島第一原発 事故9年半後の姿

 東京電力福島第一原発事故の発生からほぼ9年半。8月4日、本社ヘリ「あさづる」で原発や周辺の被災地を上空から取材した。現地の状況を、写真を中心に報告する。(山川剛史、隈崎稔樹)

福島第一の全景と、各写真の位置

 東京・新木場のヘリポートから1時間あまりで上空に差しかかった。
 「また施設が増えた」。原発周辺には、除染土などを長期管理する中間貯蔵施設が広がる。東京都中野区や渋谷区より広い約1600㌶が計画地で、約73%の用地が確保された。訪れるたび、県内各地から運ばれた大型土のうの山が増え、分別・貯蔵施設が増えることに驚かされる。
 原発に視線を移すと、汚染水を処理して貯蔵するタンクがひしめく様子は相変わらず。だが、高さ120㍍の高さがあった1、2号機の排気筒は半分に。大穴が開き、みすぼらしい仮屋根が置かれていた3号機のタービン建屋はがれきがほぼなくなり、真新しい白いカバーがかけられていた。
 炎天下、作業員が動き回り、水漏れリスクの高いボルト締め型タンクを解体、溶接型に置き換える作業に追われていた。
 1、2号機では使用済み核燃料の取り出しに向けた準備が進む。しかし、1号機原子炉建屋には大量のがれきが残り、「まだまだ事故収束作業はこれからだ」と実感した。

①雨水が入り込み、汚染水を増やしていた3号機タービン建屋の損傷部には、白いカバーが設置された
②2号機の使用済み核燃料は建屋側面に穴を開けて取り出す。装置を載せる構台用地の準備が進められていた
③使用済み核燃料プールの保護作業が進む。その上には大量のがれきが残り、草も生える
上半分の解体が終わった1、2号機排気筒。頂部にはふたがされている
④信頼性の低いボルト締め型タンクの解体現場
⑤溶接型タンクの新設現場。タンクの数は1000基を超えた
⑥かつて汚染水タンクとして使われたメガフロート。モルタルを詰めて着底。今後は物揚げ場などに使われる
福島各地から運ばれた汚染土は、原発周辺の中間貯蔵施設で分別され、長期貯蔵される
9月20日オープン予定の伝承館(手前)、その奥には中間貯蔵施設、さらに奥には福島第一原発

関連記事