「海洋放出に断固反対」と全漁連が決議 福島第一の汚染処理水めぐり

 全国漁業協同組合連合会(全漁連)は6月23日、通常総会を開き、東京電力福島第一原発で増え続ける汚染水を浄化処理した後の水に関し「海洋放出に断固反対する」との特別決議を全会一致で採択した

新型コロナ禍で議論進展に「強い不信と憤り」

 新型コロナウイルスの感染症防止に国民が努力し続ける中で一部関係者が方針決定への議論を進めているとして「強い不信と憤りを禁じ得ない」と表明。海洋放出で今以上に風評被害が広がることを懸念し「わが国の漁業の将来に壊滅的な影響を与えかねない重大な問題だ」と強調した。関係者の理解なく放出をしないよう求めた。
 処理水は、第一原発で発生した多核種除去設備(ALPS)で浄化した水だが、放射性物質トリチウムなどが除去できずに残留している。有識者らによる政府の小委員会が「海や大気に放出するのが現実的」とする報告書を2月にまとめたのを受け、方針決定をする政府が、関係団体からの意見聴取を重ねている。 (共同)

関連記事