台風速度10%遅く、風雨増で被害拡大 日本の21世紀末を気象研などが予測

 気象庁気象研究所(茨城県つくば市)などは1月8日、地球温暖化が進んだ場合、日本付近の台風の移動速度は、今世紀末に現在より約10%遅くなるとの予測結果を発表した。通過地点では、通り抜けるまでの時間が長くなり、雨量も約10%増えるなど被害が大きくなる恐れがある。
 研究グループは、温暖化対策が進まず、産業革命前からの気温上昇が今世紀末に約4度に達するとの想定で、シミュレーションを解析した。関東付近の台風の平均移動速度は、現在の時速35.68キロから時速31.66キロに遅くなった。
 日本付近の台風を押し流す偏西風は、北極や南極などの極地と、熱帯地域の温度差で強さが決まる。極地は温暖化が進みやすく、熱帯地域との温度差が小さくなるため、偏西風が弱まることが原因という。
 昨年秋の台風15号と19号は、いずれも移動速度が平均よりも約40%遅かったといい、被害拡大の一因とみられる。
 山口宗彦主任研究官は「雨量が増えるだけでなく、強風にさらされる時間も増える」と指摘している。(宮本隆康)

関連記事