「地球温暖化のことが話したくなる!」 環境研が中高生向けの動画を配信

 新型コロナウイルス感染症の影響で休校となったのを利用し、地球温暖化の仕組みを学んでみませんか-。国立環境研究所(茨城県つくば市)は、中高生向けの解説動画「ともだちに話したくなる!地球温暖化のリアル」のインターネット配信を始めた。動画投稿サイト「Youtube」で無料で見ることができる。(渡辺聖子)

国立環境研究所が配信している動画「ともだちに話したくなる!地球温暖化のリアル」

 初回は3月13日に生配信され、テーマは「地球温暖化のウソ?ホント?」。同研究所地球環境研究センター副研究センター長の江守正多さんが、データや手作りの模型を示して、「本当に地球は温暖化しているか―これはホントです」「地球の温暖化は人間活動が主な原因か―ホントなんです」と解説した。
 約45分間の生配信では、視聴者とも直接やりとり。「科学者は温暖化は止められないと思っている?」との質問には「あきらめなきゃいけない事態ではない。人間による温室効果ガスの排出量を減らして止めましょう」と呼び掛けた。
 ネット上には「温暖化はうそ」という情報があふれていることを憂う江守さんは、「休校の間に見た動画が人生のきっかけになるかもしれません。学校で習わない情報に触れるチャンスにして」と力を込める。
 生配信はあと2回を予定。次回は3月18日、テーマは「温暖化ってヤバいの?」。3回目は3月23日で「じゃあ、どうしたらいいの?」。いずれも午後3時から、Youtubeの「 国立環境研究所動画チャンネル」で。

動画の一場面

関連記事