ふくしまの10年 詩になったアナウンサー③ 浜通りに通った日々

津波で横転したJR常磐線の車両=2011年3月12日、福島県新地町のJR新地駅近くで、本社ヘリ「おおづる」から

 ラジオ福島のアナウンサー大和田新(あらた)さん(64)あてにリスナーから1枚のファクスが届いたのは2011年4月2日。通常放送に戻り始めたころだった。
 「相馬市磯部地区で、足の悪い人が竹の棒1本で娘を探していた。娘さんは自転車でお年寄りを助けに行ったといい、男性は『せめて遺体でも』と。とても『頑張ってください』とは言えなかった。大和田さん、浜はまだ何も進んでいない。そのことをあなたに知ってほしかった」。いてもたってもいられなくなった。
 休みを取ることのできた5日に、浜通り(沿岸部)の新地町、相馬市、南相馬市を回って首長に会った。
 新地町の加藤憲郎町長(当時)はベランダに出て海の方を見ながら話してくれた。「あそこの(新地)駅に電車が止まっていたんで踏切の遮断機が下りていた。海側から逃げてきた人たちが踏切で止まっている。そこに津波が来た。『逃げろー』と大きな声を出したんだが…」。何台もの車が流されるのを町長は見た。
 相馬市の立谷秀清市長にはいきなり怒られた。「マスコミってのは何だ。現場から逃げない勇気と、住民を救うという使命感だろう」。新聞もテレビも逃げたと非難した。大和田さんは「それはあなたの仕事でしょ」という言葉をぐっとのみ込んだ。それから毎週のように浜通りに通ってリポートしている。
 今年1月、驚くことがあった。南相馬市小高区での講演で1枚のファクスの話をしたところ、涙を浮かべて新地町の消防団長が近づいてきた。
 「相馬市でお年寄りを助けに行った女性は、私の友人です。彼女はいまだ見つかっていません。お年寄りは100歳で、近くの梨畑で遺体で見つかりました」

ご意見、ご感想は

メールで、fukushima10@tokyo-np.co.jp へ。

関連記事