3号機プールで使用済み核燃料を搬出

 東京電力福島第一原発では、3号機建屋上部にある使用済み核燃料プールからの核燃料搬出が進んだ。1月20日からは使用済み核燃料を取り出し、4体を建屋近くの共用プールに移した。昨年4月に始まった作業は未使用核燃料の搬出を続けていた。25日までに未使用核燃料全52体を含む、計56体の核燃料を搬出した。プールには510体の使用済み核燃料が残っている。
 また1、2号機建屋そばに立つ排気筒の解体は大きなトラブルで中断することはなく、順調に進んでいる。10ブロック目にあたる筒本体の切断作業は20日午後4時前に始まり、23日午後3時すぎには輪切りした筒本体をクレーンで地上につり下ろした。11ブロック目の作業は27日に始まった。

関連記事