福島第一原発 2020年はこう動く(下)

 東京電力福島第一原発の事故収束現場で2020年に予想される主な動きを探る第2弾は、日々発生し続ける高濃度汚染水などの諸課題を取り上げる。処理した水の貯蔵・処分のほか、汚染水量を増やす地下水や雨水への対策、処理で発生するやっかいな副産物をどうするのか。昨年8月から始まった排気筒解体の現状も報告する。(山川剛史、福岡範行)

関連記事