「地球、守れ!」若者たちが気候変動に危機感訴え、新宿でデモ

 地球温暖化をはじめとする気候変動に警鐘を鳴らし、政府や自治体に対策を求める市民運動「グローバル気候マーチ」が11月29日、東京・新宿であった。会員制交流サイト(SNS)などで活動を知った幅広い世代の約600人が「地球、守ろう」と声を上げながら都庁周辺をデモ行進した。(渡辺聖子)

気候危機を訴える人たち=11月29日、東京都新宿区で

 スウェーデンの女性環境活動家、グレタ・トゥンベリさん(16)の運動をきっかけに世界中に広がった活動で、この日は12月にスペインで開かれる国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)を前に、世界各地で開催。東京では、都議会で気候非常事態の宣言を求める請願が審議された時間帯に合わせて催された。
 参加者の中には、グレタさんの演説に触発されたり、大学の講義で環境問題に関心を持ったりした若者が多かった。コーヒーチェーン店でアルバイトをする宇都宮大3年の浅野琳香(りんか)さん(20)は「大量のプラスチックごみが廃棄されていくのを見て、黙っていられなくなった。怒りを込めて来たんです」と話した。
 聖心女子大4年の岡田英里(えり)さん(22)は「一人一人の行動が大事だと身をもって感じた。数ではなく、これからも声を上げ続けたい」と力を込めた。

地球温暖化の対策を訴える大勢の人たち=東京都新宿区で

 気候変動への関心度は、デモが数万人規模となる諸外国と比べて低調。ただ、グレタさんが毎週金曜日に学校を休んで活動を続けた取り組み「Fridays For Future(未来のための金曜日、FFF)」は、日本各地でも広がりをみせている。
 デモ行進の主催団体の一つで「FFF東京」の運営に関わる国際基督教大1年、梶原拓朗さん(18)は、上の世代に向けて「(温室効果ガスを大量に出す)石炭火力への投資で金もうけするのはやめて。台風や猛暑による被害への危機感を持ってほしい」と訴えた。

都庁前で地球温暖化の対策を求めて歩く人たち=東京都新宿区で

関連記事