廃炉が決まった福島第二原発の今

 東京電力は7月31日、福島第二原発(福島県富岡町、楢葉町)の全4基の廃炉を正式に決定した。福島第一原発事故の収束作業と並行して進めていくことになり、敷地内に核燃料貯蔵施設の新設方針も示した。しかし、約1万体の核燃料の県外搬出先と放射性廃棄物の処分先は決まっていない。(小川慎一)

関連記事