未完成なら運転できず 原発のテロ対策施設

 テロ対策施設の設置が期限に間に合わず、九州電力川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県)が来春、運転を停止することが確実になった。2011年の東京電力福島第一原発事故を教訓に設置が義務付けられた、テロ対策の「特定重大事故等対処施設」。全国で完成した場所はなく、詳細も非公開。いったい、どのような施設なのか。(松尾博史)

関連記事