調書は語る 吉田所長の証言 (1) 津波で全電源喪失 「絶望」

 東京電力福島第一原発事故をめぐる政府事故調査・検証委員会が、吉田昌郎(まさお)所長や東電関係者、菅直人首相ら政府関係者に当時の状況を聴いた聴取記録(調書)のうち、吉田氏ら十九人分が公開された。全電源を失い、複数の原子炉が同時に暴走する前代未聞の事態の中でどう対応したのか。吉田調書を中心に、他の調書、東電テレビ会議のやりとりを織り交ぜ振り返った。 (肩書はいずれも当時)

■地震に無事、つかの間

 <二〇一一年三月十一日十四時四十六分、東日本大震災の大地震が発生。1~3号機は自動緊急停止(スクラム)した>
 -地震が発生したときには、どちらに。
 「所長室に一人でおりました。書類などを読んでいたんですけれども、机の上にのせていたものが落ちて、テレビが、がちゃっとひっくりかえって、かなりひどい地震だと」
 -最初にどういった対応をとろうと。
 「特に運転している1、2、3号機について、ちゃんとスクラムしているかどうかということと、電源関係含めて異常がないか、いろんな設備の損傷がないか状況を確認する」
 -津波が来る前に、配管の水漏れや、平時と異なる事象はあったか。
 「基本的には、ほとんどなかったです。水漏れとか機器の損傷とか、私は全く聞いておりません」
 -電源関係の異常は。
 「DG(非常用ディーゼル発電機)が回っているんで、外部電源喪失がこの時点であったと思います」
 -危機感はあったか。
 「すごく強く持っていました。DGが動いたので、ほっとしたんですね。こんな大津波が来るとは思っていないんですけれども、当然、地震によって津波が来る可能性はある。海水系ポンプによる冷却が、引き波で使えなくなってしまうのが怖いんですけれども。電源を使わないICやRCIC(いずれも非常用冷却装置)が動いているということで、プラントは一定のセーフ(安全)はされているという安心感はあった」
 <国会の参議院予算委員会の答弁席にいた菅首相らは、官邸の危機管理センターに向かう。「福島第一原発は緊急停止」の連絡で、福山哲郎官房副長官はほっとし、「原発は頭から消えた」という。省内にいた海江田万里経済産業相は、京葉地区のコンビナート火災や予想される停電の対応に当たっていた。だが、十五時二十七分、津波の第一波が原発を襲うと、状況は一変した>
 -津波が来たことは、すぐに分かるのか。
 「分かりませんでした。海の情報が(現地対策本部の)円卓からは分からない。外が見えないですから。異常が起こったのは十五時三十七分の全交流電源損失が最初でして、DGが動かないよ、何でだという話の後で、津波が来たみたいだという話で、この時点で『えっ』という感覚ですね」
 -対策本部の雰囲気は。
 「顔色が変わりました。大変なことになったと。少なくとも技術屋の中では、共通認識があったと思います。みんな声が上がらないんですね」

■「冷却中」と思いこみ

<十五時四十分ごろ、保安院から官邸危機管理センターに「福島第一原発全電源喪失、冷却機能停止」の連絡が入る。吉田氏らは、予想もしない事態に呆然としていた>
 -全交流電源喪失の報告を受けて、どういったことをしようと考えたか。
 「はっきり言って、まいってしまっていたんですね。シビアアクシデント(過酷事故)になる可能性が高い。大変なことになったというのがまず第一感。DGを生かせられないかとまず考えるんです。津波によって水没したかどうか、その時点では分かりませんから。それがなくなったらどうしようと」
 -次にどういう対応を取ろうと考えたか。
 「絶望していました。どうやって冷却するのか検討しろという話はしていますけれども、自分で考えてもこれというのがないんですね。DD(ディーゼル駆動の消火ポンプ)を動かせば、(水が)行くというのは分かっていて、水がなさそうだという話が入り、非常に難しいかなと思っていました」
 <原発は停止させても核燃料の反応は続く。冷却を続けないと、炉心溶融に至る。ICやRCICは生命線だった。しかし、弁の操作も表示も電気頼みの原発では、状況をきちんと把握するのは非常に難しい>
 -ICやRCICがどのくらいもつという判断だったのか。
 「八時間で死ぬと思っていた」
 -十八時十八分に当直が、1号機のICの弁を開閉しているが、弁の操作情報は上がってきたか。
 「来ていなかった。少なくとも私は聞いていない」
 -弁を開けるということは、ICが動いていない可能性があるということになる。情報は。
 「入っていない。ICについては当直がシステムが生きているとずっと思っていた」
 -二十二時ごろ、ICは十分に作動していたという認識か。
 「私の認識はそうだ。ICは生きていると思った。動いているんだと思いこんでいた。どういう操作を当直がやっていたか、細かくは全然、把握していないということです」

■水位計を信用、誤認

<ICは、圧力容器の蒸気をタンクの水で冷やして水に戻し、その水を注水する仕組み。作動中は「豚の鼻」と呼ばれる建屋壁面の排気口から、蒸気が勢いよく噴き出し、ごう音がとどろく。しかし、現場の運転員は「作動経験がなく、訓練も受けていなかった」(事故調報告書)>
 -ICの情報は把握していなかったのか。
 「基本的に、把握していなかった。本当はICが大丈夫なのかということを何回も私が確認すべきだった。思いこみがあって、水位がある程度確保されているから大丈夫かなと思っていた部分があります」
 「SOSが来ていれば人を手配するが、1号機だけではなくて、炉の中に燃料が入っているもの、全部見ていますから、いちいちここはどうだということをこちらから指示することはなかなか難しい。炉水位があるんじゃないかという思いこみがあり、私から聞かなかったことに関して、今、猛烈に反省している」
 -二十三時ごろまでに、1号機原子炉建屋付近で、放射線量がどんどん上昇している。
 「水位だけを見ているとあるんだけれども、何か変なことが起こっていると。ICが止まっているのか、要するに冷却源がなくなっている状態かなというふうに思い始めている」
 -今にして思うと、何が誤認の原因か。
 「水位計をある程度、信用していたのが間違い」
 -水位計が信用できないと思い始めたのは。
 「線量が上がってきて、おかしいと。放射性物質が外に出るということは、圧力容器から漏れて、その漏れたものが格納容器から漏れているようにしか考えられない。水位があって、漏れることはまずない。燃料損傷に至っている可能性はあるなと」

◆保安院は知識不足 首相「びっくりした」


 当初から、官邸には情報が集まらず、原子力安全・保安院(廃止)の知識不足が問題になっていた。
 「電源喪失、冷却機能停止」の報告を受け、菅首相は、エキスパートであるはずの寺坂信昭・保安院長を呼び、説明を求める。「回復できるのか」「原因は何か」と問うが、寺坂氏は、東京大経済学部出身で「専門家ではありません」と要領を得ない。
 菅首相は調書で「責任者に、原子力の専門的な知識を持たない人がなっているというのは、もちろん部下でありますから、私にも行政のあり方として、広い意味では責任があるが、率直にびっくりした」と話している。
 事故時は原発周辺にあるオフサイトセンターに政府や自治体、電力会社が集まり、対策の拠点とするはずだったが、全く機能しなかった。
 池田元久経済産業副大臣は17時、原発の南西5キロのセンターに向け、専用車で東京・霞が関をたったが大渋滞。「パトカーの先導がつくというのが来ない。まずいと思い、自衛隊のヘリを手配した」
 日付をまたぐころ、ようやく到着したが、センターでは停電。非常用発電機も動かなかった。
 現場、東電本店、官邸の3者の連携不足について、官邸につめていた細野豪志首相補佐官は「ものすごいフラストレーション。保安院にも、東電本店にも情報が入らない。オフサイトセンターも機能しない」と吐露した

関連記事