仕様の確認不足 1、2号機排気筒解体延期

 東京電力は、福島第一原発1、2号機の建屋そばにある排気筒(高さ約120メートル)の解体で使う大型クレーンについて、仕様の確認が不十分で高さが足りなかったと発表した。対策に時間がかかるため、解体開始の見通しは立っていないという。
 解体は20日に始める予定だったが、クレーンでつり上げた模擬の切断装置の下部が、筒先端にぶつかり、クレーンの高さが1.6メートル足りなかったことが11日に判明。クレーンのワイヤ先端に取り付けたフックの位置が計画より4メートル長く、クレーンの高さを実際よりも1メートル高い仕様で計画するなど、ずさんな設計が原因だった。
 排気筒は内部の放射線量が高く、中央付近には複数の損傷が見つかっている。

関連記事